行政書士試験の一発合格の割合とは

行政書士試験を一発合格する



 

行政書士試験を受験するかたは誰しもが一発合格を目指すと思われます。
では行政書士試験の一発合格の確率はどれほどのものなのか?
一発合格できるものなのか?
受験生の皆さんは気になるトピックだと思います。
そこで今回は行政書士試験の一発合格の確率(割合)について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

そもそも一発合格できる試験なのか

 

 

行政書士試験を受験するにあたっては一発合格を目指す人がほとんどだと思います。
何度も受験することになれば時間もお金もかかるわけですから一発合格を目指すのは当然と言えるでしょう。
では、行政書士試験は一発合格できる試験なのか?
結論から言うと、一発合格できる試験と言えるでしょう。
2回以上の受験で合格している人が多いですが実際に一発合格している人もいます。
しかし、その難易度は高いと思われます。

 

 

 

 

一発合格の確率とは

 

では、一発合格の確率はどれほどのものなのでしょうか。
残念ながら詳しいデータは見つけることができませんでしたので、私の周りの先生の意見を参考に検証してみます。

 

ほとんどの行政書士試験合格者は2回以上、受験している人が多いです。
一発合格した先生は少ないのが印象です。
特に、近年合格した行政書士に限るとほとんどの先生が2回以上の受験をしています。
一発合格したという先生は少し昔に受験した方が多い印象です。
割合で言うと、半数以上は受験2回以上だと思われます。
一発合格できる確率は30%前後ではないでしょうか。

 

 

 

 

一発合格できる人

 

では、一発合格した人、一発合格できる人とはどんな人なのでしょうか。
私の印象では、以下の人たちが当てはまると思われます。

 

 

勉強が得意な人

 

当たり前ではありますが勉強が得意な人は一発合格できる確率が高いでしょう。
試験勉強にはテクニックが必要です。
試験勉強を訓練してきた人は合格に必要な勉強テクニックや勉強方法を熟知しています。
試験に合格するためにはどんな勉強をすれば良いのかを知っているのです。
こういう勉強が得意な人は効果的な勉強を効率的におこなうことができます。

 

 

試験が得意な人

 

また試験が得意という人もいます。
試験が得意な人は、学んでいないことが問われる設問でも持っている知識や常識的な判断から答えたり、消去法などの解法テクニックで答えを導き出すことができます。

 

 

一発合格すると覚悟を決めた人

 

「一発合格できたらいいな」という人と、「絶対に一発合格する」という人では様々な面で差が生じてきます。
特に試験が近づいてくると気持ちが焦ってきたり勉強の進行が遅れ、諦めの気持ちが出てきてしまったりします。
そんな時でも諦めずに粘れるかどうかは、こういう気持ちから違いが生じます。

 

 

一発合格するための努力をした人

 

当たり前なことではありますが、一発合格する人は一発合格するための努力をしてきた人です。
しかし、この努力ができないため、なかなか一発合格することができないのです。
努力をせずに勉強方法やテキストなどにこだわっても合格はできないでしょう。
あくまでも努力することが一番重要なことなのです。
一発合格の確率を高めるには努力するしかありません。



一発合格を狙うなら

 

 

効果的な勉強

 

一発合格を狙うなら闇雲に勉強することは危険です。
効果的な勉強をしっかりとこなす必要があります。

 

 

効率的な勉強

 

通常、一発合格を狙うなら試験勉強する時間は長くても1年です。
この1年で、いかに効率的に勉強するかが限りある時間で一発合格する鍵となります。

 

 

時間を上手く使う

 

一発合格するには勉強時間をできるだけ確保しなければなりません。
そこで通勤時間や休憩時間など隙間時間を上手く使って勉強する必要があります。

 

 

予備校や通信講座を利用する

 

一発合格を狙うなら独学ではなく予備校や通信講座を利用するのもひとつの方法です。
勉強が得意な人や試験が得意な人は独学でも一発合格が狙えるでしょう。
しかし、そうでない人が独学で一発合格を狙うのはかなり難しいと思います。
例えば、勉強が苦手な学生や成績が良くない学生が独学で難関大学に合格できるか言えば、かなり難しいと言えるのではないでしょうか。
独学で合格することが不可能とは言いませんが、確率を上げる手段としては予備校や通信講座の利用を考慮したほうが良いです。

 

 

努力を惜しまない

 

一発合格を狙うなら相当の努力が必要です。
通常、2〜3回かかるところを一発で合格するわけです。
それ相応の努力が必要なのは明白です。
一発合格を狙うならば、すべてを勉強に注ぐ覚悟を決め、その努力をしっかりとしなければなりません。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 行政書士試験おすすめ予備校
 伊藤塾は法律資格専門の受験指導校
 伊藤塾が選ばれる4つの理由
 始められる、続けられる、合格できる、活躍できる





 行政書士試験おすすめ通信講座
 全国平均の2.72倍の合格率!
 通信講座専門の強みを活かし、充実した教材が特徴



関連ページ

試験科目
行政書士試験の科目などについて解説します。行政書士試験の合格を目指す上で、まずは試験科目について知る必要があります。行政書士試験の科目は法令科目と一般知識に分けられます。まずは試験の基本を確認してください。そして科目の特性やクセを知り、試験の対策を立てましょう。
行政書士の試験内容
行政書士試験の学習を始める前に、まずは試験内容について知っておきましょう。試験内容を知らずに対策は立てられません。今回は行政書士の試験内容について解説します。行政書士試験の概要や試験の方法、出題形式などをご紹介しますので、ご自身の受験の情報として、活用してください。
行政書士試験の配点と目標点
行政書士試験を攻略するにはまずはその配点を知り目標を立てる必要があります。配点に関しては事前には公表していません。合否発表の際に、その年度の設問ごとの配点を公表しています。しかし、毎年、同じ配点なので大きく変わることはないと思われます。今回は行政書士試験の配点とその目標について解説していきます。
合格率について
行政書士試験の合格率とは、どの程度のものなのか?受験生にとって、大変気になるところだと思います。そこで今回は行政書士試験の合格率について解説していきます。また合格率から見えてくる様々な情報についても検証してみたいと思います。
試験の難易度について
行政書士試験の難易度はどれくらいなのか?過去10年間の平均合格率はおおよそ、9 %です。しかし、これがどの程度の難しさなのか、いまいちピンと来ない人もいるかと思われます。そこで今回は行政書士試験の難易度について解説していきたいと思います。
勉強時間の目安
これから行政書士を目指すという人は、合格に必要な勉強時間はどのくらいなのか?ということが大変気になるところだと思います。勉強時間の目安を知ることで大体の難易度もわかると思います。そこで今回は行政書士試験合格に必要な勉強時間について解説していきます。
受験資格について
行政書士試験を受験したいが、そもそも受験資格はあるのか?自分は受験することができるのか?という疑問を持つ方もいるかと思います。そこで今回は行政書士試験の受験資格について解説していきたいと思います。また、年代別の受験者や行政書士登録の要件についてなども触れていきたいと思いますので、是非、参考にしてみてください。
足切りとは
行政書士試験には足切りと呼ばれる制度が導入されています。一般的な足切りとは一定の基準に満たない者を切り捨てることを言い、大学入試の二段階選抜が有名です。行政書士試験は二段階選抜ではありませんが、これに似た足切りが存在します。足切りを理解して十分な対策を講じていきましょう。
行政書士試験は簡単なのか?
行政書士試験は簡単なのでしょうか?行政書士試験の合格率は10%前後です。この情報だけだと、とても簡単とは思えませんね。しかし行政書士試験は簡単だと言う人もいます。それは本当なのでしょうか。
行政書士試験の合格発表や結果について
行政書士試験の合格発表はいつ、どのようにされるのか。また行政書士試験の結果から読みとれる情報とは。今回は行政書士試験の合格発表と結果について解説していきます。
行政書士試験の最年少合格者
行政書士試験の結果では最年少合格者や最年少受験生の情報が公表されています。今回は行政書士試験の最年少記録や士業の最年少記録について解説していきます。
行政書士試験おすすめの予備校は伊藤塾。法律資格専門の受験指導校として高い実績を誇る有名校。伊藤塾が選ばれる理由は「始められる」「続けられる」「合格できる」「活躍できる」の4つ。
行政書士試験おすすめ通信講座のフォーサイト。全国平均2.72倍の合格率。通信講座専門校としての強みを活かした教材が特徴。eラーニングにも対応。



ページの先頭に戻る


 

TOP 行政書士について 試験について 合格の手引き 開業に向けて