記述式の手引き

記述式の手引き 記事一覧


【行政書士試験】記述式の配点と採点基準

行政書士試験の重要な設問に記述式問題があります。記述式は配点が高く、必ず得点しておきたい問題です。ここでは行政書士試験の記述式の配点や採点方法について解説していきます。目次記述式が採点されるには記述式の配点とは部分点がある記述式の採点基準記述式が採点されるには行政書士試験では足切りが存在します。足切...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の部分点とは

行政書士試験の記述式には部分点が存在すると考えられています。しかし採点方法などは公表されていません。採点によっては合否を分ける結果になる受験生もいるかと思います。そこで今回は行政書士試験の記述式問題の部分点について解説していきます。目次記述式の配点記述式の部分点って何?部分点はどのように与えられるか...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の採点が厳しいときがある

記述式の採点は厳しいの?行政書士試験の記述式の採点方法や採点内容、その基準などについては公表されていません。しかし、その年の試験内容によって採点基準が厳しいときもあれば甘いときもあると言われています。そこで今回は行政書士試験の記述式の採点について解説していきます。目次記述式の採点方法とは採点基準は厳...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の採点がされない!?

行政書士試験では記述式が採点されない場合があります。それは足切りにあった場合です。記述式は配点が高いため出来るだけ得点しておきたい設問です。そのため足切りは絶対に避けたいものです。そこで今回は記述式が採点されなくなる足切りについて解説していきます。目次記述式が採点されない場合とは記述式が採点されない...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の解き方と対策

行政書士試験において記述式は重要な設問です。配点も高いため、記述式で得点できれば合格へ大きく近づくことができるでしょう。しかし記述式を苦手とする受験生も多いと思われます。そこで今回は行政書士試験の記述式の解き方と対策について紹介していきます。目次記述式の解き方記述式の対策記述式の解き方記述式の解き方...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の過去問はやるべきか

行政書士試験において記述式は合格するために重要な問題です。記述式の勉強法として過去問をするべきなのか悩む人もいるかと思います。そこで今回は行政書士試験の記述式の過去問で勉強するべきなのかを検討していきます。目次記述式の過去問はやるべきか?過去問の勉強法過去問だけやっても記述式が解けるようにはならない...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の勉強法

行政書士試験において記述式は配点が高いため、記述式でどれだけ得点できるかが合否のポイントとなります。従って絶対に得点しておきたい設問です。しかし記述式の勉強をどのようにしたら良いかわからない受験生も多いと思います。そこで今回は記述式の勉強法について解説していきます。目次問題集で勉強する過去問で勉強す...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式を捨てるのはあり?

行政書士試験において記述式は配点の高い重要な設問です。記述式で得点出来ればそれだけ合格に大きく近づくでしょう。しかし記述式を苦手とする受験生も多く、記述式を捨てるという選択肢もあるようです。そこで今回は記述式を捨てても合格できるのかについて解説していきます。目次行政書士試験における記述式問題とは記述...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の行政法について

行政書士試験の記述式では、例年通りであれば行政法と民法から出題されます。行政法は1問、民法からは2問の出題です。行政法、民法それぞれについて見ていきましょう。今回は行政書士試験、記述式の行政法についての解説です。行政法はどんな問題が出題されるか記述式の行政法はどんな問題が出題されるのでしょうか。実際...

≫続きを読む

 

【行政書士試験】記述式の民法について

行政書士試験の記述式では、例年通りであれば行政法と民法から出題されます。行政法は1問、民法からは2問の出題です。行政法、民法それぞれについて見ていきましょう。今回は行政書士試験、記述式の民法についての解説です。どんな問題が出題されるかそれでは行政書士試験の民法記述式ではどんな問題が出題されているのか...

≫続きを読む

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 行政書士試験おすすめ予備校
 伊藤塾は法律資格専門の受験指導校
 伊藤塾が選ばれる4つの理由
 始められる、続けられる、合格できる、活躍できる





 行政書士試験おすすめ通信講座
 全国平均の2.72倍の合格率!
 通信講座専門の強みを活かし、充実した教材が特徴





ページの先頭に戻る


 

TOP 行政書士について 試験について 合格の手引き 開業に向けて