英語力を行政書士で活かす

行政書士に英語力は必要か



 

行政書士として自身の英語力を活かそうと考えている人もいるかと思います。
では行政書士に英語力は必要なのでしょうか?
今回は行政書士と英語力について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

英語力の必要性は低い?

 

 

行政書士にとって英語力の必要性はあるのでしょうか。
行政書士試験に英語の科目はありませんし、必要性というと、それほど高くないと言えます。
行政書士の主な業務は官公署に提出する書類の作成及びその申請です。
それらの場面で英語力を発揮することはあまりないでしょう。

 

 

 

 

英語力を活かすには

 

 

では英語力は行政書士に全く必要ないのか、というとそうとも言い切れません。
行政書士として英語力を活かす場面としては入管業務があります。

 

また、英語が話せないより話せるほうがビジネスチャンスも色々と広がるでしょう。

 

 

入管業務とは

 

入管業務は外国人の就労や帰化などのため在留資格の取得などのサポートなどをおこないます。

 

外国人を雇用したい
入国管理局への申請手続が必要になります。原則として、在留を希望する外国人が自ら各地方入国管理局に出頭しなければなりません。
そこで、「申請取次行政書士」の出番です。申請取次行政書士とは、出入国管理に関する一定の研修を受けた行政書士で、申請人に代わって申請書等を提出することが認められた行政書士です。
申請取次行政書士に申請依頼をすると、申請人本人は入国管理局への出頭が免除されるので、仕事や学業に専念することが可能です。

 

@在留資格認定証明書交付申請(招聘手続)
A在留期間更新許可申請
B在留資格変更許可申請
C永住許可申請
D再入国許可申請(海外旅行・一時帰国等)
E資格外活動許可申請(学生アルバイト等)
F就労資格証明書交付申請(転職等)

 

日本行政書士会連合会HPより

 

上記のように行政書士は外国人関係の業務があります。
外国人から直接依頼を受けることもあるため、その意思疎通に英語力を活かすことができると言えます。

 

 

入管業務は英語力が必須?

 

上記のように入管業務において英語力を活かすことができますが、実は英語力が必須とは言えません。
入管業務を依頼してくる外国人の多くは日本語が話せるからです。
そもそも、日本に住みたい、日本で働きたいという人はある程度日本語が話せないといけないわけです。
そのため、全く日本語が話せないという人は、あまりいないでしょう。
流暢ではなくとも意思疎通ができる程度の日本語は話せると思います。

 

 

入管だけじゃない外国人業務

 

外国人業務は入管業務だけではありません。
VISA申請や海外企業との契約書の作成をサポートしたり、外国人の起業や経営者のサポートなどもおこないます。

 

 

申請取次行政書士

 

申請取次行政書士とは

申請取次行政書士とは、出入国管理に関する一定の研修を受けた行政書士で、申請人に代わって申請書等を提出することが認められた行政書士です。
申請取次行政書士に申請依頼をすると、申請人本人は入国管理局への出頭が免除されるので、仕事や学業に専念することが可能です。
日本行政書士会連合会HPより

申請取次行政書士になるには、行政書士申請取次事務研修会を受講して、効果測定で基準点に達する必要があります。
行政書士申請取次事務研修会は全国の主要都市で順次開催されます。
受講料は30,000円です。
所属する単位会を通じて地方入国管理局に届出を行うことで届出済証明書(いわゆるピンクカード)が発行されます。



英語以外の語学力も必要

 

 

日本に在留する外国人のトップ3は、中国、韓国、フィリピンとなります。
従って、英語力だけでなく、中国語や韓国語、タガログ語(フィリピン語)なども習得していると良いでしょう。

 

 

日本に在留する外国人ランキング

 

中国
韓国
フィリピン
ベトナム
ブラジル

6位 ネパール
7位 米国
8位 台湾
9位 ペルー
10位 タイ

 

平成29年3月17日

 

法務省HPより
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00065.html

 

 

 

 

外国人業務の注意点

 

外国人業務だけではありませんが、とりわけ外国人業務においてはコミュニケーションが大事となります。
それは日本語に慣れていない外国人とのコミュニケーションだからです。
日本語に慣れていないため、間違った日本語を使う可能性は高く、反対にこちらの日本語を間違って解釈する可能性もあるわけです。
そのため、疑問や聞き取れないこと言葉があったら、その都度、きちっと確認しておく必要があります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 行政書士試験おすすめ予備校
 伊藤塾は法律資格専門の受験指導校
 伊藤塾が選ばれる4つの理由
 始められる、続けられる、合格できる、活躍できる





 行政書士試験おすすめ通信講座
 全国平均の2.72倍の合格率!
 通信講座専門の強みを活かし、充実した教材が特徴



関連ページ

行政書士とは??簡単にいうと…
行政書士とは簡単に言うと国民と行政を繋ぐ架け橋となる存在です。しかし名前は聞いたことはあるけど実際、何をしている人なの?と思う方は多いと思います。そこで今回は行政書士の仕事や職業についてわかりやすく解説します。
行政書士の仕事内容
行政書士については、名前は知っているものの、具体的に何をしているのか実はわからないという人も多いのではないでしょうか。行政書士の仕事や業務内容を現役行政書士が詳しく解説します。また行政書士の一日のスケジュールなども紹介します。これから資格を目指す人の参考になれば幸いです。
行政書士の仕事はきつい?楽しい?
これから行政書士を目指そうと考えている人は行政書士の仕事について興味があると思います。行政書士の仕事はきつい?それとも楽しいの?大変なことは?やりがいは?そんな行政書士の仕事についての疑問にお答えしていきます。参考にしてみてください。
行政書士は食える?食えない?
行政書士は食えるのか。それとも食えない職業なのか。よく世間では「行政書士は食えない」と言われています。これから行政書士を目指そうと考えている人や開業しようと考えている人にとっては非常に気になるトピックだと思います。そこで行政書士として生活できるか、について解説していきます。
行政書士の年収について
行政書士の年収はどれくらいのものなのか。行政書士をこれから目指そうと考えている方にとって、行政書士の年収については興味のある数字だと思います。年収の額によっては転職せずにいたほうがいいと考える人もいるでしょう。そこで今回は行政書士の平均年収や売上などについて解説していきます。
行政書士を目指した理由
あなたが行政書士になりたい理由は何ですか?今回はこれからの日本を見据えて、何故、私が行政書士を目指そうと思ったのかをご紹介させていただきます。
行政書士に学歴は必要?
行政書士になるには学歴が必要なのか。行政書士として成功するには学歴が必要なのか。これから行政書士を目指そうという人にとって気になるところだと思います。そこで今回は行政書士と学歴の関係について解説します。
行政書士は在宅ワークできる?
近年、会社で仕事をするのではなく自宅で仕事をする在宅ワークが注目を集めています。子育てをしながら働きたい人や自宅を離れられないという人でも自宅で仕事ができれば助かることも多いと思います。そして資格のなかでも人気の高い行政書士は在宅ワークできるのか。今回は行政書士と在宅ワークについて解説していきたいと思います。
行政書士の資格は一般企業で活かせる?
行政書士資格は独立開業型の資格と言われてますが、一般企業で資格を活かすことができるのでしょうか。また行政書士資格を取得することで社内評価はどうなるのか。今回は行政書士資格と企業の関係について解説していきます。
行政書士試験に受かったら
行政書士試験に受かったら、どのような道に進むのでしょうか。行政書士の資格は独立開業型の資格と言われています。なので当然、合格後に開業するという人はいるでしょう。しかし開業するのではなく、行政書士事務所に就職したいという人もいるかと思います。そこで今回は行政書士試験合格後のことについて紹介します。
行政書士の会費とは
行政書士になるためには所属する行政書士会に登録する必要があります。そして行政書士会に登録するには入会金や会費などを支払う必要があります。ということで今回は行政書士会への会費について解説していきます。
行政書士はサラリーマンと兼業できる?
行政書士を開業したあともサラリーマンを続ける兼業という選択肢もあります。行政書士を開業してもすぐには仕事が来るとは限らないためです。また行政書士と兼業でサイドビジネスをおこなっている先生も意外に多いと思います。これから行政書士を目指す人や開業を考えている人によっては兼業を考えている人もいるかと思います。そこで今回は行政書士とサラリーマンの兼業について解説していきます。
行政書士の徽章(バッジ)について
徽章とはバッジのことです。ドラマや映画などでも弁護士バッジを付けているシーンを見たことがある人もいるかと思います。胸元のフラワーホールに着けるもので、企業によってら社章などを付けることもあります。行政書士にもこの徽章(バッジ)が存在します。今回は行政書士の徽章について解説していきます。
行政書士の研修について
行政書士にも研修は存在し日々、業務のために自己研鑽しています。しかし司法試験や司法書士の場合、司法修習や必須の研修制度がありますが、行政書士の場合、それらに該当する研修制度は存在しません。実務研修や新人向けの研修をおこなっている単位会もありますが、私が所属する行政書士会では必須ではなく研修を受けるかどうかは任意となっています。つまり、行政書士試験に合格し、行政書士会に登録すれば、その日から事務所を営業して良いのです。今回は行政書士の研修について解説していきます。
行政書士の欠格事由とは
実は行政書士は誰でもなれるというものではありません。行政書士法には行政書士になることができない欠格事由というものが存在します。欠格事由に該当すると行政書士試験に合格しても行政書士登録することはできないのです。そこで今回は行政書士の欠格事由について解説していきます。
行政書士の今後と将来性
時代の流れとともに職業のあり方も変化していきます。行政書士の今後はどうなっていくのか。将来性のある職業なのか。これから行政書士を目指す方や開業を考えている方は気になるところだと思います。今回は行政書士の今後の未来と将来性について検討していきます。
行政書士は30代40代におすすめの国家資格
行政書士は30代40代の受験者が多い国家資格です。しかし、どんな国家資格なのかいまいちわからないという人もいるでしょう。そこで今回は国家資格として行政書士が人気の理由や30代40代におすすめな理由について解説していきましょう。
行政書士の資格は取っても意味ない?
行政書士は取っても意味のない資格と言われることがあるようです。なぜ行政書士の資格は意味がないと言われるのか?行政書士は本当に意味のない資格なのか?今回は行政書士の資格について検討していきたいと思います。
行政書士は更新があるのか
行政書士に更新はあるのか?世の中には更新を必要とする資格が存在します。身近な運転免許も更新する必要がありますね。では行政書士は更新があるのでしょうか。今回は行政書士とその資格や更新について解説していきます。
行政書士は仕事がない!?
「行政書士は仕事がない」そんな情報が巷で流れていることがあります。「行政書士は仕事がないからやめた方がいい」こんな風に言う人もいます。このような話を聞いたことがある人もいるかと思います。果たして本当に行政書士には仕事がないのか?行政書士になって良かったことや仕事の取り方など、その実態について現役行政書士がお答えします。
行政書士の求人について
行政書士の求人について紹介します。事務所でアルバイトしながら勉強したい。開業ではなく就職したい。そんな方への行政書士の求人に関する情報です。
行政書士試験おすすめの予備校は伊藤塾。法律資格専門の受験指導校として高い実績を誇る有名校。伊藤塾が選ばれる理由は「始められる」「続けられる」「合格できる」「活躍できる」の4つ。
行政書士試験おすすめ通信講座のフォーサイト。全国平均2.72倍の合格率。通信講座専門校としての強みを活かした教材が特徴。eラーニングにも対応。



ページの先頭に戻る


 

TOP 行政書士について 試験について 合格の手引き 開業に向けて